塾を経営したいならココをチェックしておこう

現金決済との大きな違い

クレジットカード

導入すると発生する費用

消費者が代金を支払う際にクレジットカード決済を選ぶことは珍しいことではなくなっています。直接現金での支払が行えないインターネットショッピングではもちろんのこと、高額な買物で多額の現金を持ち運ぶのが怖い、小銭を数えて出すのが面倒だ、といった理由でもクレジットカード決済が選択されています。クレジットカード決済が利用できない店舗では買物しづらいと感じる人も増えているのです。現金以外の決済方法を用意しておくことは、消費者の購買意欲を落さない効果があるとともに顧客サービスの一環とも言えます。しかしクレジットカード決済には現金払いと異なる点がいくつかあります。クレジットカード決済を導入するのであれば、基本的な仕組みについて理解しておく必要があるのです。クレジットカード決済は、カード利用者の支払代金をカード会社が立て替えて支払うサービスです。カード会社は後日、立て替えた代金を利用者に請求します。クレジットカード決済された代金は締め日ごとに集計されて銀行口座に入金されますが、その際には手数料が差し引かれます。手数料はカード会社との取り決めにより定められますが、決済金額の数パーセントが目安となります。取引金額が増えれば手数料率を下げてもらうように交渉することもできます。複数のカード会社と契約することも可能なので、より手数料率の低いカード会社を探してクレジットカード決済に掛かる費用を抑えるのが成功のポイントです。